注意事項がくどくなってしまってる理由を説明しておこうと思ったら、思いの他長くなった上に若干病的な気がしてきたのでこっちに書いておきます。

正直、初見の方を即注意事項に案内されるのって印象悪いよなぁ…。しかもその先が「当サイトは貴方に何の責任も持ってません」って事の強調…。

とにかくしっかり自己防衛してから語りたい

不快な思いをされた方はごめんなさい。一応注意事項に目を通すように書いておくことで、何か言われても冷静に対応できるのです。「初めての方は必ず一度は注意事項に目を通すよう、目立つように描いてあるし。」「何かあっても責任持てないって書いてあるし。」と。

これも一種の強迫行為だと思います「こうしておけば大丈夫」だと安心したい。万が一裁判沙汰になった時(そういう発想になる所がもう…)に備えての自己防衛にもなるし。

特にショックな事を書いて閲覧者を不快にさせようとは思ってないのですが、例えばドラマや映画の「何か見落として後で問題が発覚する」的なシーンの影響で(私もいつかああなるかも…)と本気で思い悩む経験をした者にとってはどんな表現が閲覧者に影響を与えるかが分からないので怖いのです。

だから前もって言っておきたい。「ごめんなさい、貴方に何が起きても私は責任取れない。それでもよければ見ていって」と。

そもそも責任って何?

ネット掲示板の回答者はあくまで回答者の見解を伝えているだけで質問者の人生に責任を持って発言してる訳じゃない。質問者だってそれ位の事は理解している、と回答者は思っているでしょう。

でも、質問者がどういう心境で質問しているのか回答者は知らない。

軽く他の人の意見も聞きたいなー位の感覚?とにかく何かに縋りつきたい気持ち?1の意見を100の意見のように受け取るかも…?もし回答が原因で失敗したら何か言ってくるかも…?


そんな事を考えていたら誰も回答なんてしないでしょう。

「責任」だけ考えていたら誰も何もできない。けれど質問者はとにかく答えを欲っしていて、自分が伝えたい事があるなら、あくまで個人の意見としての前置きをして「責任」を回避してから伝えたい。

最初は「日常」と「病気」サイトを別々にして描いていけばいいかなと思ってたけど、私はそういう「病気」を含めての「こんな人」なので、それもちょっと違う気がして。日常を読んでる人に(この人、ちょっとおかしくない…?)と不審に思われるよりは最初から(へぇ、世の中こんな人もいるんだな)位に思って読んで頂きたい。

くどくどと話してすみません。最後まで読んでくれてありがとうございます。

スポンサーリンク