傑作をことごとくスルーされる悲しみ…。

母の想い出

私が小さい時に買ってもらった
ビックリマンの塗り絵に
白雪姫と青い鳥の絵があったんです。

母が青い鳥を塗ってくれたんですが
それが凄く綺麗で感動した事を
今でもハッキリ覚えてます。
(自分が塗った白雪姫は思い出せない)

フチをしっかり濃く引いて、
中をサーッとムラ無く塗った感じ。
今なら私も同じように塗れるのですが

当時は母が物凄い塗り絵が上手なんだ
お母さんは凄いんだ、と思いました。

そんな感動があったので、
私も息子にそんな風に思われたい
(むしろそんな風に思われる機会が
お絵かき位しかないという現実。)

今回その夢は無残に散りましたが、
まだまだ息子に早かっただけの話。
散った夢をかき集めて
何度でも再挑戦してやる…ふふ…。

お母さん凄ーい!って…
一度でいいから(※何度でもいいけど)
言われてみたい…マジで…。

スポンサーリンク