実際、ゲーム止めたら
この現象かなり減ったので
それだけゲームの事で
頭が一杯だったんだろうな…。

認知症への恐怖

「認知症の人は自分が
認知症だと気づかない」
ってよく聞くけど、本当かな?

物忘れや周りとの認識のズレが
多くなればなるほど
(もしかして認知症じゃ…?)
って思うもんじゃないのかな?

少なくとも、もし
私「そろそろお昼ご飯食べようか」
夫「ついさっき食べたでしょ。」
ってやりとりが発生したら
その時点で病院行くけどなぁ。

でも実際「気づいてない」と
いうのだから、きっと何か
本人にも知りえない変化が
起きているのだろうとも思う。

とりあえず、もし私が
本当に認知症の兆候があるなら
このブログを続ける事で
(あれ?こんな事あったかな?)と
過去を振り返る手がかりに
なるかもしれない。

それでなくても
こんな事もあったなー、と
想い出を振り返えるから
ブログを書くのは楽しい。

書き留めておきたい思い出は
まだまだあるので、
宜しければお付き合いください。

スポンサーリンク