※漫画も文も痛い話なので、苦手な方は戻ると良いよ!

ブランコと私。2話構成です。
この10年後に、また痛い目にあいますが
純粋に「気絶」した経験はこれ一度だけだな…。

ブランコ(※使用中)の枠の中で
周囲を見ずにウロチョロしていた私が
100%悪いのは言うまでも無い。

遊具ってちょっとした事で壊れないように
しっかり頑丈に作られてる分、
誤った使い方をすると
一気に危険度が増すんですよね。

ちなみに確か小学校入る前だったと思う。
なので約30年前の出来事です。
この時、子供は何人か公園にいた記憶があるけど
大人はいなかった気がする。

携帯も無ければ見守る保護者もいない。
幼い子供達だけで遊ぶのが普通だった、そんな時代です。

この時、頭は勿論ですがぶつかった際に
思いっきり舌を噛んでしまったようで
舌に変な傷が出来た事を今でも覚えてます。
むしろ頭より舌の記憶しかないわぁ…。

「舌を噛みきって死ぬ」って話よく聞くけど
私も下手したら死んでたのかな…。

スポンサーリンク