こんな時に限って音の出る玩具がある事に気づかずに
蹴ってしまってヒヤヒヤする事がよくあります。

そして猫を飼うという事・2でも描いてますが
ちゅー太が寝てる時はシロの鳴き声が、かなり心にきます。
鳴く理由がはっきりと分かれば、対処できるんだけどなぁ。
玩具レベルじゃない正確なニャウリンガル、出ないかな…。

でもちゅー太が起きるのはどちらかと言うとシロの鳴き声より
鳴き声に対する私のため息や、小声の「もー!」の場合の方が多いです。
言った後に後ろで「ドタッ」て音がするともう、絶望100%。

ちょっと、母親の不満を敏感に察知しすぎやで、ちゅー太…。
お母さん、お父さんと違って器小っさいねん…ごめんな…orz

スポンサーリンク